So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

Dirty Dancing [映画]

 80年代の映画の2本目は「ダーティダンシング(1987)」。今は亡きパトリック・スウェイジとジェニファーグレイの青春恋愛ダンス映画。

 ネットでは、ダンス映画で名高いと書かれてるが、なぜか観ていないか、観たような感じもするが記憶に薄い。日本では、1987年11月公開なので、大学卒業から入社にかけて、忙しかった頃だからかもしれない。


 家族と夏休みを過ごしにきた女の子(グレイ)が、父に逆らってダンス・インストラクター(スウェイジ)と恋に落ちるのだが、さすがに、有名らしい最後のダンスシーンは魅せる。

 古き良き歌を披露している舞台に、突然、二人が駆け上がり、インストラクターが言う。

Sorry about the disruption, folks.

I always do the last dance of the season.

This year, somebody told not to.

So, I'm gonna do my kind of dancing with a great partner,

who is not only a terrific dancer, somebody who's taught me that there are people willing to stand up for other people no matter what it cost them, somebody who's taught me about the kind of person I wanna be...

 そして、「タイム・オブ・マイ・ライフ」のダンスが始まる。


  ネットによると、この映画の公開の数週間前に、ジェニファー・グレイは、「フェリスはある朝突然に」の撮影で知り合った、当時の彼氏のマシュー・ブロデリックが運転する車でデートに出かけて事故に遭い、相手の母娘が即死している。そのため、彼女は、映画のヒットを喜べなっかたという。

 知らなかったが、彼女もマシュー・ブロデリックも、当時、いろいろあったんだなあ。


 

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

Caddyshack [コメディ]

  朝から両腕に、赤いボツボツの湿疹が出たので、休みをとって医者に行ってきた。おそらくアレルギーと思われるが、血液検査をしてみないと分からないとのことで、安静にしていなさいと言われ、帰りにDVDを借りて、久しぶりにカウチポテトした。

 MSNの80年代のヒット映画で紹介されていたもののうち、観ていないか、見た記憶が曖昧なものを借りてきて観てみた。まずは「Caddyshack(1980)」。「shack」は、掘っ立て小屋という意味で、「Caddyshack」は、キャディ小屋で、映画にも出てくる。邦題は「ボールズボールズ」。

 監督は、後に「ゴーストバスターズ」の脚本・出演のハロルド・ライミス。私の大好きな「恋はデジャブ」の監督だが、2014年に亡くなってしまった。

 「Caddyshack」は、「サタデー・ナイト・ライブ」出身のチェビイ・チェイスとビル・マーレイのからみもあって満足だが、ユダヤ人やスコットランド人に対するブラックユーモアが、いまいち聞き取れなくて理解できなかったのが残念。

 出だしの部分で、「Kill gophers!」という命令を、ビル・マーレイが「kill golfers!」と聞き間違えるのだが、ごのgopherが、とても可愛い

 「gopher」は、ホリネズミという北米に生息する穴を掘るネズミらしい。

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

岡崎城へ [城・神社仏閣]

徳川家康公の生誕の地、岡崎に行ってきた。

犬山城から小牧城へ [城・神社仏閣]

岐阜~犬山城~小牧城~サンシャイン栄~豊国神社
念願の国宝犬山城に行ってきた。木曽川沿いの小山に立つ姿は、これぞ、お城という感じ。
信長の叔父

箭弓稲荷神社(東武東上線・東松山駅前)へ [城・神社仏閣]

2016年12月15日(木)

 関越自動車道の帰路、東松山インタから東松山駅前の箭弓稲荷神社へ寄って、お参りしてきた。

 神社のパンフレットによると、712年の創建で、当初は「野久稲荷」と呼ばれていたが、1028年の下総の平忠常の乱のとき、追討軍の源頼信の前に矢(箭)の形をした白雲が現れて、それに乗じて突撃して勝利を収めたことから「箭弓稲荷」となった。

 そもそも「箭(セン、や)」という漢字が読めなかったので調べてみると、竹の端に鏃(やじり)を付けた武器というようなことが書いてあるので、細い竹棒の前にヤジリで、「竹」冠の「前」で、「箭(矢)」を連想できた。

 更に連想は続き、箭弓は「やきゅう」と読んで、野球と重なることから、埼玉県に本拠地を置く西武ライオンズの関係者など野球関係者が多く訪れるらしい。そのためか、絵馬がバットの形で、お守りにも小さなバットが付いているものがあった。

 そのバットの「球技守」を思わず買ってしまった。私個人は野球はしないし、観る方は、巨人ファン。

 かつてだけど、常勝西武ライオンズを守護してくれたかと思うと、霊験あらたかなのだろう。ただ、埼玉県勢が夏の甲子園で優勝していないのが気になるが。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

妻沼聖天山(埼玉県熊谷市)へ [城・神社仏閣]

2016年12月12日(月)

 仕事の帰り道で、少し時間ができたので、高崎線熊谷駅で途中下車して、太田駅行きのバスに飛び乗り、妻沼聖天山の国宝「歓喜院聖天堂」を観てきた。

 「国宝」というのと、「歓喜」という名前に惹かれてしまった。

 熊谷市内ではあるが、バスで片道30分はかかる。「妻沼」は「めぬま」と読むことを知った。

 「聖天山」は、てっきり「しょうてんざん」と読むと思っていたが、「しょうでんざん」だった。「昇天」と勘違いしてしまった。

 運良く、案内係の方から詳細な説明を聞くことができた。「聖天山」と、山の名前になっているのは「山号」のことで、昔、寺が山奥に建てられていた頃に、寺に山の名前を付けていたらしい。

 が、歓喜院聖天堂は「権現(ごんげん)造り」で、神社の様式になっている。これは江戸時代は、神仏混交で寺と神社を一緒にしていたからなのだそうだ。お賽銭を入れた後に、私が、一瞬、二拍手しようかどうか迷ったのも仕方ないこと。

 「埼玉日光」と呼ばれる、きらびやかな歓喜院聖天堂で印象に残ったのは、鷹と猿の彫り物。鷹と猿が戯れていると思ったのだが、鷹が煩悩を持った猿を食らっている様子だった。煩悩猿と私を重ねてしまった。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

カラヴァッジョ展へ [Art]

 昨日、2016年3月29日(火)、上野恩賜公園の国立西洋美術館で「カラヴァッジョ展」を観てきた。

 カラヴァッジョは、1571年にミラノで生まれ、1610年に亡くなったバロック期のイタリア人画家。日本だと関ヶ原の頃か。

 バロックとは、宗教改革や絶対王政時の、装飾の多用や光と影の対比を誇張する、時として仰々しいまでの豊饒さや、荘厳さなどによって特徴づけられる、と書いてある。

 展覧会での発見は、カラヴァッジョが、何度も逮捕されたことがある荒くれ者だったということ。芸術家には、こういう狂気と紙一重な人が多いなあ。良くも、悪くも、自分はくれぐれもまともだな、と思った。

 カラヴァッジョとは全く関係がないが、上野公園で、ゴザの花見の宴会を観ているだけで腰が痛くなってきた。年だなあ。桜の満開は4月1日あたりらしい。


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

エヴェレスト 神々の山嶺を観た [映画]

 2016年3月28日(月)、六本木ヒルズの東宝シネマで「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」を観てきた。

 エヴェレストの壮大さや、岡田準一さん、阿部寛さんの鬼気迫る演技に圧倒される。本当に、寒くて大変だったんだろうなと思う。

 ただ、正直なところ、最終章へ向かうあたりで、岡田さんが演じるフリー山岳カメラマンの深町が、阿部さん演じる伝説の登山家の羽生がエヴェレスト南西壁を登るのを目の前にして、「こんなところを登るなんて不可能だ!」というようなことを絶叫するあたりから、物語が、空回りし始めるような気がする。分かり切ったことを叫ばなくてもいいような気が。

 それで、羽生が亡くなって、日本に帰国した深町が山岳関係者が集まる飲み屋で軽薄な学生登山家にからんで、やっぱりエヴェレストに戻って、羽生と「そこに山があるから」のマロニーの遺体と彼の幻のフィルムにまで対面するのだがスルーする。ずっと、「何故?」というのが消えなかった。

 「山は人を狂わせる」というのが主題なら、確かにそうは思うけど、前半が素晴らしかっただけに、少し残念。珍しく辛口のコメントになってしまった。

 その後、国立新美術館のMIYAKE ISSEI展へ。

「エヴェレスト 神々の山嶺」 出演:岡田準一、阿部寛、尾野真千子、 監督:平山秀幸、配給:東宝(2016)


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

首里城へ [城・神社仏閣]

首里城→見栄橋→県立美術館博物館→対馬丸記念館→那覇市歴史博物館

 昨日、ついに「Siri」、アップル社の発語認識サービスでなくて、「ちゅり」、SKE48のお気に入りでなくて、「首里城」に行ってきた。

 今更ながら、外国ツアー客と、修学旅行の学生の多さに驚いた。テレビで見る正殿のイメージより小さいなあというのが第一印象。正殿内の玉座や内装は綺麗だった。

 ゆいレールの次の駅「儀保」までぶらぶら歩いて「牧志」から沖縄県立博物館・美術館へ。偶然、木梨憲武展をやっていた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。